LOG IN

baserCMSの開発環境構築

by oceant

baserCMSを使ったサイト制作をするにあたり、開発環境を整えるにはVagrantを利用するのが確実です。Vagrantそのものを知らない方は、ここで説明すると本題からズレてしまうので調べてみてください。

下準備

Vagrantを利用するにあたってはVirtualBoxとVagrantをインストールしておく必要があります。それぞれのバージョンによる依存もありますので、とりあえず最新安定版を利用してみましょう。

VirtualBox : https://www.virtualbox.org/
Vagrant : https://www.vagrantup.com/

baserCMSのダウンロード

次にbaserCMS本体をダウンロードします。ここで重要なのが、公式サイトのダウンロードボタンから入手するのではなく、GitHubのリポジトリからダウンロードすること。というのも、こちらにはVagrantfileというVagrant用の設定ファイルが含まれているからです。これがあればbaserCMSを構築するのに必要な設定がまるっと手に入ります。素敵!

baserCMS master(GitHub) : https://github.com/baserproject/basercms/tree/master

ここからzipなりgit cloneなりでダウンロードしましょう。

$ git clone https://github.com/baserproject/basercms.git

設定と環境構築

ダウンロードしたファイル群の中にVagrantfile.defaultというファイルがあるので、そちらをVagrantfileにリネームします。また、vagrant-omnibusというプラグインも必要とのことなので、こちらをインストールしましょう。これだけで設定は終わりです。

$ vagrant plugin install vagrant-omnibus

最後にvagrant upを実行したら環境構築も終わり。ただ、VMイメージをダウンロードしたり必要なアプリケーションをインストールしたりと非常に時間がかかるので、ネット環境の良いところで時間があるときに実行すると良いでしょう。

$ vagrant up

環境構築が終わったら、CMSにアクセスして初期設定やカスタマイズを進めていきます。URLはVagrantfile内で指定できますが、デフォルトでは http://192.168.33.10/ となっているはずです。

URLへアクセスするとbaserCMSのインストールが始まります。デフォルトではDBのログイン情報が
ユーザー名:root
パスワード:root
となっているようです。

以上で開発環境の構築は終わり。いざbaserCMSでのサイト制作に取り掛かりましょう!

vagrant up時のエラー

私が実施した際に発生したエラーとして、vagrant upした際に "default: Box 'bento/centos-6.7' could not be found." というエラーメッセージがありました。これはvagrantのcurlまわりでのエラーのようで、以下のコマンドを打つことで解決しています。

$ sudo rm /opt/vagrant/embedded/bin/curl

参考にしたstackoverflow:Vagrant box could not be found or could not be accessed in the remote catalog - incompatible curl version - http://stackoverflow.com/questions/40473943/vagrant-box-could-not-be-found-or-could-not-be-accessed-in-the-remote-catalog



oceant
OTHER SNAPS